平らな状態にするには

笑顔

治療を受けてからやること

ニキビを潰すなどして、肌の奥までダメージを与えてしまうとクレーター状のニキビ跡になる可能性が高いです。治療法が進歩していますので、クレーターのようになってしまったニキビ跡でも治すことができますが、治療を受けたら終わりではありません。治療方法によって変わりますが、治療の後のケアをしなければいけないことがあります。クレーターになっているニキビ跡は、治療を受けた後だと肌は弱っています。雑菌などが入らないようにすること、そして紫外線などの刺激を与えないようにすることが重要です。せっかく治療を受けても、雑菌などが入ってしまえばニキビなどができてしまいより悪化してしまう恐れがあります。クリニックによっては、薬などが処方されることがありますのできちんと使うことを忘れてはいけません。

短時間で治療が終わります

クレーター状のニキビ跡の治療は、薬を使ったものではなくレーザーかヒアルロン酸を注入する方法になります。肌の状態によっては、古い角質を除去する方法で治すものも存在しています。クレーターが浅いものならば、ヒアルロン酸を注射することで解消することが多いですが、深くなるとレーザーを使って改善する方法がとられます。治療時間も短いので、忙しい人でも利用しやすいといえます。どの方法がいいのかは、医師ときちんと相談したうえで選ぶことが基本です。ニキビ跡を治すとなれば、クリニックを選ぶことも重要です。肌の奥まで到達している深いクレーター状のニキビ跡は、一度の治療で治るとは限りません。費用面も含めて、信用できる医師がいるクリニックを見つけておくとよいです。どんなニキビ跡であったとしても、現在は技術が進歩していますので治療することが可能です。